トップページ > こんなときどうする? > 退職後引続き被保険者となる(任意継続被保険者)

退職後引続き被保険者となる(任意継続被保険者)

手続内容

  1. 資格喪失日の前日までに継続して2か月以上の被保険者期間がある場合は、希望(任意)により継続して被保険者となることができる制度です。任意継続被保険者となれる期間は2年間です。
  2. 加入条件
    • ①資格喪失日の前日(退職日)までに引続き2か月以上被保険者であったこと。
    • ②資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内(健保必着)に任意継続被保険者資格取得申請書と同意書を健保組合に届出できること。(同意書は熟読してください)

手続時期及び届書様式・添付書類

被保険者が「任意継続被保険者資格取得申請書」等を提出します。

提出期限 資格喪失日から20日以内
申請書類
「任意継続被保険者資格取得申請書」
「同意書」
●「被扶養者(異動)届」(引続き家族を被扶養者とする場合)
複写式のため健保組合に請求下さい。
添付書類 無し

保険料について

  1. 任意継続被保険者の保険料は、事業主負担がなくなるので、全額自己負担になります。
  2. 退職時の標準報酬月額か標準報酬の上限(毎年4月1日改訂・前年9月末日の全被保険者の標準報酬の平均額)のどちらか低い方の額を以って保険料の計算対象とします。
    任意継続保険料一覧表
  3. 保険料の納付
    保険料の支払い方法は、以下の①から③の内から任意継続申請時に選択してください。
    申請の期間に応じた納付書を発行します。納付書に記載の納付期限を確認し遅滞なく振込みをしてください。
    納付期限内に納付のない場合は自動的に資格喪失となります。
①毎月払い 保険料を毎月1日から10日までに当組合指定銀行口座に振込みます。
②半年前納払い 保険料を半年間まとめて振込みます。半年の区切りは、4月から9月の6か月と10月から翌年3月の6か月です。
例えば5月に任意継続被保険者資格を取得する場合は、5月から9月までの保険料を振込みます。
③1年前納払い 保険料は1年分を一括で振込みます。1年の区切りは、4月から翌年3月です。
例えば7月に任意継続被保険者資格を取得する場合は、7月から翌年3月までの保険料を振込みます。

4.確定申告等で保険料額の証明が必要な場合は「保険料納付証明書」を発行しますのでお申し出下さい。
  E-mail:info@itkenpo.jp TEL:0584-75-1411

保険証の交付について

初回保険料の入金を確認後に「健康保険被保険者証」を発送します。保険証が届くまでの間に、医療機関へ受診の場合は、健保組合から発行する「被保険者資格証明書」を利用して下さい。
※保険証が届くまでの間に、全額自費で受診された場合は「療養費支給申請書」により保険給付分を健保組合に請求して下さい。

中部アイティ産業健康保険組合

〒503-0006
岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地の7 ソフトピアジャパンセンタービル9階910号 アクセスマップ
TEL:0584-75-1411  FAX:0584-83-7466  e-mail:info@itkenpo.jp

ページトップにもどる