トップページ > ジェネリック医薬品

薬代の負担を軽くする ジェネリック医薬品

患者さんの薬代を軽減し日本の医療費を節減する薬、ジェネリック医薬品をご存じですか?

ジェネリック医薬品とは

お医者さんから処方される薬には2種類あります。
お医者さんから処方される薬には、同じ成分・同じ効き目で、価格の“高い薬"と“安い薬"があります。
高い方の薬は「新薬(先発医薬品)」と呼ばれ、安い方の薬は「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」と呼ばれています。ジェネリック医薬品は、厚生労働省によって効き目や安全性が新薬と同等と認められた医療用の医薬品です。

安さのひみつ

ジェネリック医薬品の価格は新薬の約2~7割です。
新薬は、開発メーカーによって独占的に製造・販売できる特許期間があります。
しかしこの特許期間が満了すると、他の医薬品メーカーでも、同じ成分・同じ効き目の薬を製造・販売できるようになります。これがジェネリック医薬品です。
開発期間や開発コストが抑えられるため、価格が新薬の約2~7割に設定されています。

効き目や安全性、品質は?

効き目や安全性、品質は新薬と同等です。
ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬の特許期間中に、有効性や安全性について十分に確認されています。また品質再評価(※)という制度などでも厳しく管理されています。

※固形製剤の品質を溶出試験(製剤から主成分が溶けだす時間と割合)で規定し、第三者がいつでも追試して品質を評価できるよう公表する制度

先発医薬品からジェネリック医薬品に変えると、これだけ安くなります

(3割負担の場合)

高血圧症
脂質異常症
花粉症

ジェネリック医薬品への3ステップ

  • ①まずは医師「ジェネリック希望」と伝えます。
    健康保険組合から配付された「ジェネリック医薬品お願いカード」を提出してもOKです。
    ※日本ジェネリック医薬品学会のホームページ「かんじゃさんの薬箱」からダウンロードすることもできます。
  • 処方せん内容を確認しましょう。
    処方せんの変更不可欄に「✓」や「×」がついていないかチェックしましょう。
    (先発医薬品の商品名が書かれ、変更不可欄に「✓」や「×」がつけられていて、医師の署名や押印がある場合は変更できません。)
  • ③保険薬局で薬剤師「ジェネリックに替えたい」と伝えましょう。
    処方薬に対応するジェネリックがあり、その薬局で取り扱っていればジェネリックに変更可能です。

当健保組合では、お知らせしています。

ジェネリックに替えることによって、薬代が安価になる可能性がある方に、3か月に1度ご通知しております。
現在服用中の先発医薬品をジェネリック医薬品に替えることにより、薬代が安価になると見込まれる方には、医療費通知と一緒にご通知しております。是非、ジェネリック医薬品について、お医者様にご相談ください。

政府インターネットテレビ
「お薬代が安くなる?ジェネリック医薬品」 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4155.html
「ジェネリッくんの後発医薬品のススメ!」 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg764.html

中部アイティ産業健康保険組合

〒503-0006
岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地の7 ソフトピアジャパンセンタービル9階910号 アクセスマップ
TEL:0584-75-1411  FAX:0584-83-7466  e-mail:info@itkenpo.jp

ページトップにもどる